貿易の税

国家間の輸出入貿易における税も絡みます

移転価格とは、例えれば日本国内の企業が銅像などを1つ作ったとします。 これは日本の宗教の仏像とかでも構いません、日本風をイメージして下さい。 そしてそれを国外で売る場合には、国外の提携先、もしくは子会社の企業に卸売りをして現地での販売価格を加味した検討や会議などを行います。 そして現地で販売されている価格、これが移転価格です。 つまり日本でも売っている物が国外だと同一価格ではないというのは世界共通のごくごく普通の事ですが、これもその1つの事例と言えます。 その物品の内部に持つ付加価値性で言えば、アメリカのハンバーガーは大きい、日本のハンバーガーは小さいのに高い、みたいな言葉があるように、あれも一種の移転価格の一例と言えます。 そして、これは関税なども絡む税経理の必要な部分でもあります。

仮に関税や税金の問題で悩んだら

もし自営業を行い、国外に知り合いのお店や親戚が提携営業店という形で品物を卸売り買いする際には、移転価格の問題に基づいた国家間の税の関税の問題などをクリアしなくてはいけません。 関税だけが税の問題という訳ではなく、様々な国々の法律に基づいて税問題は発生するので注意が必要です。 これは基本的に企業や大手企業であるならば経理部や会計部や法務部などが連携して対処していく事が可能なのですが、個人店などとなると個人経営者が1人でその能力を保有している事が望ましくあります。 ですが、1人で全てを賄うというのは時間的にも厳しいケースもある為、こういう時の為に輸出入税関連にも対応できる税理士などに依頼をするという手段があります。 こういう形で移転価格と税理士とは密接な関係性を持っていると言えるのです。