対策をしっかりと

節税対策を行うには、税理士のサポートを受けることが必要になります。税理士の報酬は、税理士によって違いがあります。税理士の報酬については、会計事務所のホームページに掲載されています。 法人税の節税対策の費用の相場は、年間の取引金額が1000万円未満の場合は、月額5000円程度になっています。年間に換算すると60000円程度の料金で、税理士に法人税の節税対策を依頼することができます。 年間の取引金額が5000万円程度の場合は、月額20000円程度の金額で法人税の節税対策を行うことができます。税理士に節税対策を依頼すると、この程度の報酬を支払うことが必要になりますが、税理士に支払う報酬以上の節税の効果を得ることができます。

税理士に法人税の節税対策を依頼する時の費用は、会社の年間の取引金額によって違いがあります。取引金額が多くなるほど、税理士に支払う報酬は高くなります。小さな会社や自営業者であれば、年間数万円程度の費用で、顧問税理士によるサポートが受けられます。税理士と顧問契約を締結すると、税務調査が入った時でも、税理士が対応をしてくれます。 税理士と顧問契約を締結していない場合の報酬は、年間の取引金額が1000万円以下の会社だと、法人の決算報酬は20000円程度になります。年間の取引金額が5000万円程度の会社だと、法人の決算報酬は80000円程度です。 税理士に支払う報酬は、その都度依頼するよりも、顧問契約を締結する方がお得になります。可能な限り、顧問契約を締結することが望ましいです。